白ロム天国 ホーム » スポンサー広告 » 白ロムについて »白ロムのメリット
モッピー!お金がたまるポイントサイト

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白ロムのメリット  

さて、白ロムを使うことで、どんなメリットがあるのでしょうか?


前記事「白ロムとは?」でも書いた通り、具体的には以下のようなメリットが考えられます。


 ①端末を安く買える。
 ②格安SIMを使って、通信料を安くできる。
 ③2年契約(違約金)の縛りがない。
 ④自分の好きな端末を使える。

 などなど、携帯キャリアに縛られずに、携帯電話を安く運用ができるところにあります。




①端末を安く買える


 
  まずはスマホやガラケーを安く買えるというメリットがあります。
   




  白ロムの場合、キャリアのショップで買うよりも、圧倒的に安く購入できます。
 

  通常ショップで取り扱っている端末は、それぞれのショップの在庫状況にもよりますが、最新機種から1年落ちくらいまででしょうか。


  1年落ちのスマホなら、実質0円としても2年間は端末代金をローンで払うことになっています。


月々の支払例


【型落ちスマホ・4GLTE契約】
・電話基本料金
・メール基本料
・パケ放題(4GLTE)
・端末割賦
・割引
+934円
+300円
+5700円
+2000円
-1700円

  合計7234円

(2年契約)


割引を含めた携帯端末代金が2年間ローンとなっていますので、端末価格が非常に高くなっていますが、使い続ける分には問題ありません。



しかし、2年未満で途中で機種変更やキャリア乗り換え等になるとローン残金と違約金が重荷になります。

 

スポンサーリンク





②2年契約(違約金)の縛りがない


 
 ①端末を安く買えるでも書きましたが、通常、携帯キャリアでの契約方法は、端末代金を含んだコミコミで2年契約が基本となっています。

 
 もし2年経たないうちに、解約した場合「違約金」が発生します。


(auのZプランの2年縛りの例)
 

契約解除は解約月(2年後の1か月間のみ)だけとなっています。



これを過ぎると契約が自動更新され、再度2年間は違約金による「縛り」が発生するようになっています。


2年縛りのおかげで、機種変更したくてもできないジレンマに陥った経験はあると思いますが、「白ロム」にしておくことで、これを回避できます。


 しかも、万一壊れたら「白ロム」で買い直し!なんてことも可能になります。


 使用頻度や扱い方にもよりますが、普通に使っている人なら「白ロム」が絶対オススメ!


  よく、月500円程度の保険(安心パックみたいな)に入っている人がいますが、これを2年支払うといくらになると思いますか?


 もう1台、「白ロム」が買えそうな金額になりませんか?



③自分の好きな端末を使える。


 
携帯キャリアのショップなどでは、最新機種か1シーズンの型落ちのようなモデルしかおいていないので、端末の選択肢が少なく、どうしても割高になってしまいます。


白ロムの場合、新品、中古品をはじめ色んな価格、モデルがありますので、自分の希望に合わせて色々と選ぶことができます。





買った「白ロム」が気に入らなければ「すぐに買い換え!」ということもできちゃいます♪



「白ロム」はオークションや中古WEBサイト、中古ショップ、Amazonや楽天などのネットショップでも取り扱っているので、自分が納得できる機種変更が可能です!



国内メーカーモデルにこだわらず、海外のSIMフリーの端末という選択肢もあります!




「白ロム」の機種変更は、始めに端末を購入する必要がありますが、トータルで見るとかなりオトクになります。


 損するか得するかは、考え方次第ですw



>>白ロム購入時の注意点



スポンサーリンク





④格安SIMを使って、通信料を安くできる


 
ショップよりも安く、白ロムを購入できたら、さらに格安SIMを使って通信料を安くすることもできます。


これはあくまで、使い方や条件によるものですが、やり方次第では月額1000円以下でスマホを持てるようになります。


 現在、さまざまなMVNO業者から、色々なプランの格安SIMが販売されており、月々の通信料をかなり安くすることができます。


月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」などが台頭してきている。





 【MVNO】
仮想移動体通信事業者(Mobile Virtual Network Operator)は通信ネットワークをdocomo、auなどの大手キャリアから借りて、自社通信サービスを提供する事業者。日本通信のb-Mobile、NTTコミュニケーションズのOCN、ケイオプティコムのmineoなどがこれにあたる。



 4GLTEが月額900円というようなプランもあり、自分の使っている状況に合わせて通信費をグッと抑えることが可能になりました。


 
 この格安SIMと「白ロム」を安く購入することで、わざわざローンを組んでまで2年縛りをする必要がなくなるのが、大きなメリットです。


 
 またスマートフォンなら、電話の通話料も安くなる050plusやLalaコールなどの通話サービス(アプリ)も提供されていますので、確認してみて下さい♪



>>白ロム購入時の注意点



auの白ロムならmineoで安くできます!!

スポンサーサイト

白ロムの疑問!?Q&A

白ロム導入 実践編

白ロム一覧

格安SIM導入編

マメ知識Q&A

白ロム検索メニュー

スマートフォン ランキング

カテゴリ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。