FC2ブログ
白ロム天国 ホーム » スポンサー広告 » 白ロムについて »IMEIとは?
モッピー!お金がたまるポイントサイト

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IMEIとは?  

スマートフォンを含む、携帯端末にはそれぞれ固有の製造識別番号(IMEI)が付けられています。


各携帯キャリアはその端末のIMEIを元に、ネットワークへの接続を管理しています。


IMEI:International Mobile Equipment Identity



■IMEIはどこに書かれている?


 

IMEIは大抵はバッテリーパックを外した裏面に記載されていて、バーコードの下あたりにある15ケタの数字です。





ガラケーなどは、電話番号のプッシュで「*#06# 」と入力すると、画面に表示されます。




■何のためのIMEIか


 

各携帯キャリアはこのIMEIを使って、各端末を識別して自社ネットワークを利用させたり、不正な端末は接続させないようにすることができるのです。



ここでいう不正な端末とは盗難分割払いが未払いなどの端末のことで、いわゆる「赤ロム」と呼ばれています。





不正な端末が犯罪などに利用されないように、携帯会社がIMEIでネットワークへの接続を管理しているわけです。



このIMEIはSIMを入れ替えても変わることがありませんので、端末が不正なもの(赤ロム)でないか事前に調べると良いでしょう。




■端末に不正がないか調べることができる



IMEIは個々の端末の固有識別番号であるため、その端末が実際に不正等(犯罪や未払い)がないか調べることができます。



中古販売店や個人の売買でも、IMEIによる照会をする必要があります。


 
下記のキャリアサイトで確認することができます。
【キャリア別 利用制限確認サイト】
(docomo)
ネットワーク利用制限携帯電話機確認サイト

(au)
ネットワーク利用制限携帯電話機照会

(softbank)
ネットワーク利用制限携帯電話機の確認

(iPhone)
iOS:シリアル番号、IMEI、MEID、CDN、および ICCID 番号の確認方法





分割払いの終わっている状態で問題がない端末は「〇」が表示されます。




こちらはSoftbankのIMEIチェック。


自身の端末でテストしたところ、なぜか「-」に。

2年縛りの残債(あと2か月)が残っているとダメなのか?


【評価】
「〇」:支払いの完了している、問題の無い端末。
「-」:分割が払い終わっていない端末、
「▲」:支払いが滞納している等、何らかの不具合のある端末。時間が経つと×になる可能性も。
「×」:「赤ロム」。ネットワークにつながらない。


中古で「白ロム」を買うとすれば、残債の残っていない端末か赤ロムの保証があるショップで購入することをオススメします。



>>赤ロムとは



スポンサーサイト

白ロムの疑問!?Q&A

白ロム導入 実践編

白ロム一覧

格安SIM導入編

マメ知識Q&A

白ロム検索メニュー

スマートフォン ランキング

カテゴリ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。