白ロム天国 ホーム » スポンサー広告 » 白ロムについて »白ロムとは?
モッピー!お金がたまるポイントサイト

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白ロムとは?  


●白ロムって何?



 白ロムとは、本体に携帯電話番号データが書き込まれていない携帯電話のことを指して呼びます。
 以前までの、フィーチャーフォン(いわゆるガラケー)は本体に電話番号などの情報を書き込んでいました。


 しかし現在では、「SIM(シム)」と呼ばれるICチップに、電話番号などの情報が書き込んで、これを携帯電話やスマートフォン(以下、端末)に読ませることで契約や電話番号などの情報を認識させるようになっています。



この小さなSIMカードに電話番号や契約内容が登録されているのです。


 このSIMカードを抜いた状態を「白ロム」と呼びます。



「白ロム」はその名のごとくデータが真っ白な状態をです。
(それで白ロムと言うかは不明ですが・・・)



この「白ロム」に別のSIMを挿すと別のデータを持った端末として機能し、使用することができるようになります。



スポンサーリンク





●白ロムで激安で機種変更



今持っているSIMを別の端末(白ロム)に挿し替えるだけで、かんたんに機種変更が可能です。



 「白ロム」ですぐに機種変更!


インターネットやリサイクルショップなどでは「白ロム」中古市場が盛り上がっていて、かなり安くに手に入れることができます♪。


▼▼インターネットでも白ロムを購入できる!






>>白ロム(Softbankガラケー)の実践編



こちらで白ロム(Softbankガラケー)の実践編を紹介しています。
白ロムにSIMを挿しかえて、実際に機種変更しています。>>こちら




「白ロム」と「格安SIM」なども使えば、スマホとガラケーの2台持ちなども実現できる♪






●白ロムのメリット



 「白ロム」を導入するメリットとしては、

 ①端末を安く手に入れることができる。
 ②格安SIMを入れて、月々の支払いを安くできる。
 ③2年契約(違約金)の縛りがなくなる。
 ④自分の好きな端末を使える。

 などなど、携帯キャリアに縛られない運用ができるところにあります。



いろいろな携帯端末と、契約情報が登録されているSIM


白ロムのメリットをもっと詳しく>>こちら



スポンサーリンク





●白ロムのデメリット



次に「白ロム」を導入する場合のデメリットを。

 いいことばかり書いているとウソっぽいので(笑)


 「白ロム」のデメリットとして、

 ①機種、キャリアに制限がある
 ②赤ロムに注意
 ③ローン残金に注意・・・
 

まず、①機種、キャリアに制限がある、というのは携帯キャリアはそれぞれに通信方法が異なっているために、他社のスマホやガラケーに他社のSIMを入れても使えなくなっています。


これを「SIMロック」と言います。



違うキャリア間ではSIMは共用できない。




 必ず、今使っている(持っている)SIMと同じキャリアの「白ロム」を使うようにして下さい。
 

 但し、docomo⇔Softbank間であればショップへ行って手数料を払って、SIMロック解除をすると、使用可能になる機種があるようですが、マニアックなので省略します。


 SIMロックフリーの端末だと、そのまま使えます。


【参考動画】Docomoの端末にSoftbankのSIMを挿すとどうなるかやってみた




②「赤ロム」とは、オークションなどで購入した端末が、前の持ち主がローンを払っていないなどの理由で、キャリアから通信制限をかけられている「白ロム」のことです。

 「赤ロム」にSIMを入れても、使うことができません。


 赤ロムかどうかは、IMEIという端末ごとの製造番号で調べることができます。


 ショップ系販売の「白ロム」は大丈夫ですが、オークションなどの個人売買で、「赤ロム」をつかまされないように注意しましょう。



白ロムを購入する場合の注意点を紹介しています。一度チェックしてみて下さい。
>>白ロム購入時の注意点





③ローン残金に注意!!

 今持っている携帯端末にローン残金が残っていませんか?


 携帯代が安くなると、喜び勇んで「白ロム」を買ったはいいが・・・・ちょっと待った!


 携帯キャリアで買った端末のローンが残っていると、解約時に払う必要がでてくるので要注意です!


 大抵は2年間の分割支払いになっていると思います。


 ローン残金はショップに行くと教えてくれるので、一度聞いてみるといいでしょう。


 しかし、そのままの契約のSIMを、新しい「白ロム」に挿し替えて、使うのもOKです。(ローンは残りますが)


 ただし、縛りの途中で格安SIM(MVNO)を使うと、縛りが終わるまではキャリアとのダブル支払いになるので、注意して下さい!



>>白ロムのメリット

>>白ロム購入時の注意点

スポンサーサイト

白ロムの疑問!?Q&A

白ロム導入 実践編

白ロム一覧

格安SIM導入編

マメ知識Q&A

白ロム検索メニュー

スマートフォン ランキング

カテゴリ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。