白ロム天国 ホーム »2015年05月
 ビジネス携帯 白ロム

京セラ E-10K 
ブラック
ビジネス携帯 白ロム
【au】ICロッククリア未

価格:¥5980- 
通常配送無料
おすすめ度: 


サムスン
740SC
ホワイト
携帯 白ロム
Softbank

価格:¥6450- 
通常配送無料
おすすめ度:
モッピー!お金がたまるポイントサイト

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

格安SIM(OCN) 導入編  

前回白ロム購入編でdocomo L-05Dを手に入れました。





>>前回の記事



今回はそのL-05D(白ロム)に格安SIMを入れて、使えるようにしたいと思います♪



●格安SIM(OCN)を購入する



今回はNTTコミュニケーションズのOCNモバイルを使ってみます。


OCNで使える端末の一覧です。たくさんあるので一度チェックしてみて下さい♪

>>動作確認済みデータ端末一覧 - OCN モバイル ONE -



まずは公式サイトより、SIMカードを購入します。


OCNモバイル公式ページ





申し込みボタンを押します!!
↓↓






コースを選んで、クリックします。





データ通信SIMには、音声通話(携帯電話)機能はついていません。


音声電話する場合は「050+」というアプリを使うか「音声通話+LTEデータ通信SIM」にする必要があります。


>>OCN モバイル ONE 音声通話+LTEデータ通信SIM はこちら


LINEを使いたい場合は、「SMS」対応SIMにして下さい。
(データ通信のみだと認証できません)


LINEができれば無料で電話できますので、音声通話はお好みで♪



とりあえず、こちらの「SMS対応」マイクロSIMを購入しました!!


SIMサイズはココでお調べ下さい。



公式ページからAmazonにジャンプするので、購入して下さい。



【参考記事】>>AmazonでOCNモバイルを購入する手順





Amazonなのであっと言う間に届きますた♪
(へたすると次の日です)


いざ開封!








●SIMカードを挿入する




ペラッとめくると、カードがひっついてます。





なんでdocomo


(docomoのLTE回線をOCNが借りているからです)



カードから切り離すと、これがSIMカードになります。






スマホのカバーを外すとL-05Dの場合、SIMを入れるスロットがありますので






こんな感じで、スマホにセットします。


SIMを入れるスロットは、端末により違いますので、マニュアルで確認して下さい。



スイッチオン!!





おっと、電源が入りましたけど、まだこれではデータ通信はできませんよ。
(Wi-Fiはできますが)



大事なOCNの申し込みがまだです。





●OCNに登録する



>>OCNモバイル 利用申し込み

こちらから利用申し込みサイトにJUMPします。






SIMカード裏面に書かれている番号を入力します。






コースを選択します(昨年は50MB/日でした)



現在では、900円/月で110MB/日になっています(2015年5月現在)



登録者情報を入力します。






料金支払いクレジットカード情報を入力します。





その他、もろもろの細かい申し込みを選択します。
・050Plus
・安心パック
・その他オプション等


有料オプションは基本「申し込まない」を選択してもいいでしょう!(お好みで)



申し込み完了!!




認証IDとパスワードが発行されますので、失くさない様にしてくださいね♪



スポンサーリンク





●ネットワーク設定する



OCNの登録が済んだら、次はスマホのネットワーク設定をします。L-05Dの場合を紹介します。


端末ごとに設定方法が載っているのでチェックしてみて下さい。

>>動作確認済み OCN モバイルONE インターネット接続設定(端末別)


Wi-Fiがつながる環境なら、アプリから設定できます。
>>アプリからの設定方法(Android版))




まずはスマホの「設定」から





「無線とネットワーク」へ進みます。L-05Dの場合は「その他」に進みます。





「モバイルネットワーク」wに進みます。


「アクセスポイント名」をタップします。


「メニューボタン」を押すと「APNの追加」が表示されるのでタップする。





アクセスポイントを編集作成します。



以下の項目を入力して、メニューキーを押して「保存」します。





設定したアクセスポイントを選択します!!





ネットにつながれば完了です♪







●祝!開通!!




おめでとうございます!


手順は少し多いけど、難しくないと思います♪


頑張った分だけ、月々のスマホ料金が浮いてきますので~(未来永劫)


浮いた分は貯金するも良し、お小遣いにしておいしいものを食べに行くも良し!!


格安スマホライフが待っていますよ!!



スポンサーリンク



スポンサーサイト

白ロム(docomoスマホ)購入編  

●実際に白ロムのスマートフォンを購入してみる



それでは実際に白ロムのスマートフォンを購入します。


いろいろと物色した結果・・・






購入したのはdocomoのOptimus L-05Dという機種。




中古品ですがdocomoなので格安SIMが使えること、スペックがAndroid4.0でデュアルコア1.5GHz。


難点は画面が4インチなので見難いぐらいでしょうか?


>>Optimus it L-05D (docomo)スペック表(kakaku.com)


セカンドマシンとしては、コストパフォーマンスを含めて必要十分なスペックです♪



>>白ロム購入時の注意点も読んでおいて下さい。












●Amazon.co.jpで購入



実際にはAmazon.co.jpで購入しました。



クリックで拡大

Amazonはアカウントがあれば、ワンクリックで買えるので便利♪

すでに私は超ヘビーユーザーです。



で、届きました♪





付属品もちゃんとそろってました。





なかなかの上玉だな!



中古とは思えないくらい綺麗でした(ラッキー)♪



電源も入った!




IMEIチェックももちろん合格♪



次は、この白ロムにMVNO格安SIMをぶちこんで激安スマホを作ってみたいと思います!!



使った格安SIMはこちらです♪
↓↓↓

 OCN モバイル ONE  通信SIM

 月額 972円(税込)



2015年現在では、データ通信のみ月額900円コースだと50MB ⇒ 110MBに容量アップしています(3GB/月)!!



次は>>格安SIM(OCN)導入編へGo!!








ヤフオクで白ロムを購入する方法もありますが赤ロムには十分注意して下さい!!











料金内訳と2年縛り  

●わかりにくい料金内訳



携帯の支払い明細を見ても、何だか良くわからないことが多いです。


自分が思っているよりも「めっちゃ高い!!」と思うのですが、マジでわかりづらい請求明細。


足したり引いたり、いったいいくらなの?


【スマホの請求明細】

クリックで拡大



一体自分がどんな契約だったのかわからないまま、とりあえず言われるまま払っている人って、多いんではないでしょうか?


なので、ここで一度、基本的な携帯電話料金についておさらいをしておきたいと思います。



スポンサーリンク




●携帯・スマホの料金内訳は?



基本的な携帯料金の内訳として3つの柱から成り立っています。

電話基本料金、これはかけてもかけなくてもかかります。

メール基本料金、こちらもメールをする場合に支払う基本料金です。

データ通信量
 いわゆるパケット通信料金です。使ったパケット分を支払う従量制と、定額制があります。スマートフォンの場合はデータ通信量が半端ないので、ほぼ定額制に入ることになります。



こんな感じですね。


これに絶対にかかってくる「ユニバーサル利用料」の3円や、各種オプション(安心パック)、端末の割賦支払が加算されて、月々の支払額となります。



2014年以降では電話の「かけ放題」プランが出てきたので、基本プランは以下のようになっています。



データ通信量が7GBから2GBに制限されているところに注意です。

自宅Wi-Fiがない場合でヘビーユーザーでは厳しいかも。データ量は増やすこともできますが、料金も増額されます。



スポンサーリンク




●恐るべき2年縛り



 docomo、auなどの携帯キャリアでは、電話契約に加えて端末の購入をコミコミで行うところが多く、基本契約に端末代金を2年分割払いで上乗せし、各種割引を差し引いて(通話料は別)月々の支払額が算出されています。



    【2年契約スマートフォンの平均モデル(2014年6月)】



この契約内容では、契約当初に多額のお金を必要とせずに、高額の携帯端末を持つことができますが、2年間のローン支払いが組み込まれています。



 もともと端末代金はキャリア(メーカー)の定価販売に近くて高額なので、この端末代金を2年ローンで組み込んで各種割引で相殺するのが主流の契約方法です。



これです。




【端末のローン支払い明細】




2598円×24回払=62352円!!



ISW13Fというゴミスマホに振り回され続けた地獄の2年間。こんなクズスマホに60000円も払ってたのか(笑)




さっさと白ロムに乗り換えればよかったなあ。








確かに、初期投資を安くして端末を持つことができるのですが、結局キャリアの推奨プランにせざるを得ないので、割高なローンが終わるまでは我慢するしかありません。



また各推奨プランは2年継続の条件付きなので、途中解約すると「罰金(違約金)」を取られます。



ついでに、端末代金のローン残債を一括で払わされます。



これが2年縛り





つまり、この縛りのせいで2年間は古くなった機種でも我慢して使い続けなくてはならないのです。



2年前のAndroid2.3なんて使えないよ(笑)



ようは、どこでこの2年縛りから脱出することができるか。




>>白ロムのメリット



白ロム+格安SIMで2年縛りから脱出しましょう!!



au端末の格安SIMならmineoです↓↓



白ロム(auガラケー) 実践編  

●白ロム(auガラケー E10K) 実践編




auの富士通ISW13fをいう3Gスマートフォンを使っていたんですが、仕事で使うのにどうしてもガラケーに変えたかったんで、やってみました。


3Gスマホだというアンテナ表示。




<乗り換えなしの3Gスマホ→ガラケーとなった理由>
仕事でスマホは使いにくい
・2年縛りの違約金があった
・6か月のローン残金があった(15000円)
・電話番号とメールアドレスを変えたくなかった
・ISW13fのトラブルの多さ(電話がかけれない等)



現在であれば、「白ロム+かけ放題」が電話だけ使用では最強かと思うのですが、今あるスマホの契約が切れない(2年縛り)ので、これを生かす方向でやりました。
(2014年7月時点)




ガラケーの白ロムはE10Kというビジネスモデル。


京セラ E-10K 
ブラック
ビジネス携帯 白ロム
【au】
 ICロッククリア未
価格:¥5980- 
通常配送無料

おすすめ度: 




ビジネスモデルなので、デザインはシンプル。機能は必要最小限にして十分♪

メール、ネット、カメラ、絵文字も普通に使えるガラケーでしかも防水。



狙ったのは、Amazonショップで新品3980円(ここにはないですが)


E10K ブラック 携帯電話 白ロム au

(2014年7月)



別のモデルで色違い(白)もありました♪


京セラ GRATINA 
ホワイト
ビジネス携帯 白ロム
【au】 ICロッククリア済
価格:¥9800- 
通常配送無料

おすすめ度: 





キャリアで同じようなことをすると、実質0円ですが2年縛りと割高なローンが待っていますので、論外。

【参考】>>白ロムで機種変更 キャリアと価格比較




では、実践編です。



スポンサーリンク







●白ロムを購入する



さっそくAmazon.co.jpで購入しました。




新品ですが、3980円です。






ちゃんと電源も入る。

e10k-24-640.jpg
(クリックで拡大)

まだSIMを入れ替えていないので、こんな表示。


IMEIチェックなどして「赤ロム」か見てみるが、問題なし。

>>IMEIで赤ロムチェックする


これはAmazonのマーチャントショップ販売なので、オークションの個人売買よりも信用安心できました♪





●SIMを入れ替える



スマホ(ISW13f)に入っていたSIMをガラケー(E10K)に入れ替えます。


スマホのバッテリーを外すと、ここにSIMが入っています。




ISW13FのSIMは3G回線なので、そのままガラケーでも使えるのです♪


スマホの3Gアンテナ表示。




最近のLTE回線のSIMの場合、ガラケーでは使えないので注意して下さい。
(手数料を払えば、ショップで交換してはくれますが・・・)




SIMを取り出します。





スマホISW13fのSIMカードはMicroSIMというサイズ。対してE10KのSIMサイズは標準SIM。


このままではE10Kに装着できないので、SIMアダプターを使用します。


SIMを乗せる方向に注意して下さい!スッポリはまる方向があります。


使ったのはコレ。

MicroSIM→標準SIMに変換



E10Kの背面のバッテリーを外して、先ほどのアダプターに乗せたSIMを挿入します!




SIMを差し込みました。




電源を入れると、ICカードロックがかかっています。


auにはICカードロックがかかっているので、ここでショップへ行って「ロッククリア」をする必要があります。



【参考】>>auロッククリア実践編



docomoやSoftbankどうしなら、SIMの差し替えだけでそのまま使えます♪




スポンサーリンク








●ロッククリア完了



ショップでロッククリアをして、電源を投入します。




ロッククリアされているので、SIM情報の読み込みが開始されます。




自動でEZWEBの設定が始まります。




どんどん初期設定が進んでいきますので、2~3分待ちます。




成功です!


スマホの時と同じメールアドレスが表示されています。

SIMの読み込みがうまくいったようです♪



成功です!



普通に使えるようになりました!


電話、メール、Cメール、すべて使えます。



au白ロム実践編でした!




【参考】>>auロッククリア実践編





京セラ E-10K 
ブラック
ビジネス携帯 白ロム
【au】
 ICロッククリア未
価格:¥5980- 
通常配送無料

おすすめ度: 





●環境を整える





auの充電ケーブルもFLETS(100円均一)で購入です。




卓上ホルダーも購入して、完璧に環境を整えます!



卓上ホルダーも安いですね!




●白ロム導入で、かかった費用



E10K(本体)  3980円
ロッククリア手数料  2160円
合計一括  6140円

2年縛りなし!


壊れたら、また白ロム購入です。



今使っているSIMが、あと半年で2年縛り(ローン)が解けるので、こちらのプランに乗り換える計画。




電話とメールしかしないので、月々の料金がヤヴァイ・・・♪


2015年5月の請求書です♪♪

クリックで拡大



たったの2183円です。



あまり電話かけないので、こんなもんで済んでます(笑)


話すヒトはかけ放題が良いと思いますけど、まあご参考まで♪




ただいま格安スマホとガラケーの2台持ち計画中です♪




>>auロッククリアをやってみた(実践編)




京セラ E-10K 
ブラック
ビジネス携帯 白ロム
【au】
 ICロッククリア未
価格:¥5980- 
通常配送無料

おすすめ度: 




京セラ GRATINA 
ホワイト
ビジネス携帯 白ロム
【au】 ICロッククリア済
価格:¥9800- 
通常配送無料

おすすめ度: 





白ロムの疑問!?Q&A

白ロム導入 実践編

白ロム一覧

格安SIM導入編

マメ知識Q&A

白ロム検索メニュー

スマートフォン ランキング

カテゴリ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。