白ロム天国 ホーム »用語集
 ビジネス携帯 白ロム

京セラ E-10K 
ブラック
ビジネス携帯 白ロム
【au】ICロッククリア未

価格:¥5980- 
通常配送無料
おすすめ度: 


サムスン
740SC
ホワイト
携帯 白ロム
Softbank

価格:¥6450- 
通常配送無料
おすすめ度:
モッピー!お金がたまるポイントサイト

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤ロムとは  

●赤ロムって何?



「赤ロム」とは、携帯電話会社(以下キャリア)がネットワークへの接続を制限している端末のことです。


盗難品や前所有者が端末代金の未払いなどの携帯端末が、犯罪など不正に利用されないようにストップをかけています。





端末本体が接続を制限されているので、違うSIMカードに挿しかえても使用することはできません。



中古市場では、まれにこの「赤ロム」が出回っている場合があるので、購入の際には注意が必要です。



●赤ロムを買わないためには?



中古で白ロムを購入する際には、「赤ロム」を掴まされない様に注意する必要があります。





売買した段階で問題が無くても、売った側が端末代金を完済しなければ、後々「赤ロム」になってしまう可能性があります。




対策としては


赤ロム保証のあるショップで購入する。
IMEIチェックで事前に確認する。



の2つがあります。



①の「赤ロム保証のあるショップで購入する」ですが、個人の方は中古販売店舗やamazon.co.jpや楽天、価格.comなどのショップで購入されることをオススメします。


価格.com 中古携帯プラザ





特に店舗販売では「赤ロム永久保証」などをうたっているショップで購入しておけば、万が一「赤ロム」を買った場合でも、交換または返金してくれますので、安心して購入できます。


また、ネットショップでも「赤ロム」の販売には店舗側が気を付けていますし、「看板」があるので保証がないというのはできません。くわしくは購入前にショップに問い合わせて下さい。





できれば、保証のない個人売買(オークションなど)は、できれば避けた方が良いと思います。



相場から見て、あまり安すぎる「白ロム」は「赤ロム」の可能性を疑ってかかるべきですが、どうしてもと言う場合には「IMEIでチェック」という方法があります。



スポンサーリンク




●IMEIチェックで確認



「IMEI」とは携帯電話(またはスマホ)1台ごとに製造識別番号が付けられています。



【参考】>>IMEIとは?



各キャリアごとに、IMEIで端末の状態をチェックできるサイトを設けています。
【キャリア別 利用制限確認サイト】
(docomo)
ネットワーク利用制限携帯電話機確認サイト

(au)
ネットワーク利用制限携帯電話機照会

(softbank)
ネットワーク利用制限携帯電話機の確認

(iPhone)
iOS:シリアル番号、IMEI、MEID、CDN、および ICCID 番号の確認方法




分割払いの終わっている端末は「〇」が表示されます。


auのIMEIチェックサイト。


「〇」:支払いの完了している端末。
「-」:分割が払い終わっていない端末。赤ロムになる可能性。
「▲」:支払いが滞納している等、何らかの不具合のある端末。時間が経つと×になる可能性も。
「×」:「赤ロム」。ネットワークにつながらない。



個人売買(オークションなど)で購入する場合、出品者に「IMEI」を聴いて確認するのが、良いでしょう。




信用のあるショップで購入することがbestです!(価格.com 中古携帯プラザ)





スポンサーサイト

白ロムの疑問!?Q&A

白ロム導入 実践編

白ロム一覧

格安SIM導入編

マメ知識Q&A

白ロム検索メニュー

スマートフォン ランキング

カテゴリ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。