白ロム天国 ホーム »スマートフォン
 ビジネス携帯 白ロム

京セラ E-10K 
ブラック
ビジネス携帯 白ロム
【au】ICロッククリア未

価格:¥5980- 
通常配送無料
おすすめ度: 


サムスン
740SC
ホワイト
携帯 白ロム
Softbank

価格:¥6450- 
通常配送無料
おすすめ度:
モッピー!お金がたまるポイントサイト

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白ロム(auスマホ) 購入編  


■AmazonでAQUOS SHL23を購入









au SHARP AQUOS SHL23の白ロムを購入しました。


>>SHARP SHL23スペック


AQUOS SHL23を選んだのは、IGZOの消費電力の低さ。やっぱJAPANスゴイです。





おお~新品でやんす♪




SDとSIMを一通りそろえております。



SDカードはとりあえず32GBにしましたが、後々考えるとSDXCの64GBぐらい入れておく方が良いかも。





ちなみにsimカードはこのようにカードから取り外して使います。



SHL23はmicroSIMです。ちなみに、このsimはauと書いてありますが、au純正ではありません。MVNOのmineoのsimになります。




mineoなら音声なし3GBで月700円からです。




さっさとSHL23本体に差し込みます。






はい、どん!






うおおおお!新しい携帯の初起動の時の画面っていつも感動しますね♪




実はこの後、mineoのsimセッティングをしなければなりません。


ちょちょっと、やってしまえば後は格安スマホ生活の始まりですので~♪



つづき>>格安SIM(mineo) 導入編





スポンサーリンク




スポンサーサイト

白ロム(auスマホ) 実践編  


白ロムはauでも、使うことができます。


但し、auはdocomo、softbankと通信方式が違うので、auのスマホはauでしか使えません。





以下、auの白ロム導入の注意点です。




■3G端末はロックに注意



ちょっと古いスマホ(3G端末)には、端末ごとにそのSIMがひもつけられていて、差し替えただけでは使えないようにauがロックをかけてます。


4GLTEスマホは端末のロッククリアは必要ありませんので、SIMを挿しかえるだけで使えるようになります。





3G端末の場合は、auショップで端末のロックを解除してもらう必要があります。


【参考記事】>>auロッククリアやってみた



4GLTEと3Gの見分け方はステータスバーを確認します。


見分け方は、4GLTEの場合、ステータスバーには「LTE」と表示されています。

この場合、SIMを挿しかえるだけで使えるようになります。



3Gの場合、「3G」と表示されています。

3G端末はロッククリアをしなければ使えません。









■simサイズに注意



また元の端末と白ロムとのsimサイズの違いにも注意して下さい。





auに持っていけばsimサイズを変えてくれます(有償¥2160)

(2年契約が残っている場合は、契約はそのまま継続となりますが・・・)







■格安simはmineoだけ



auの使用できるMVNO(格安SIM)は、ケイ・オプティコムの販売するmineoだけとなります。




auでのMVNOはここ1社だけとなりますが、OCNやその他MVNOと比べても通信容量やサービス、料金もまったく見劣りすることがなく、逆にどんどん良くなっていっている感じです。


auの4GLTEのみのサービスですので、3G端末では使えませんので注意して下さい。



スポンサーリンク







■白ロムを用意する



大体の注意点がわかったところで、auのスマホを用意します。





Amazonで購入しました。


白ロムはネットショップやオークションで売られているので、探してみて下さいね。





>>新品同様品からお買い得品まで幅広い品揃え!中古携帯販売【エコたん】






では、実際にau白ロムのSHARP AQUOS SHL23を購入してみます♪



>>白ロム(auスマホ) 購入編




スポンサーリンク


格安SIM(OCN) 導入編  

前回白ロム購入編でdocomo L-05Dを手に入れました。





>>前回の記事



今回はそのL-05D(白ロム)に格安SIMを入れて、使えるようにしたいと思います♪



●格安SIM(OCN)を購入する



今回はNTTコミュニケーションズのOCNモバイルを使ってみます。


OCNで使える端末の一覧です。たくさんあるので一度チェックしてみて下さい♪

>>動作確認済みデータ端末一覧 - OCN モバイル ONE -



まずは公式サイトより、SIMカードを購入します。


OCNモバイル公式ページ





申し込みボタンを押します!!
↓↓






コースを選んで、クリックします。





データ通信SIMには、音声通話(携帯電話)機能はついていません。


音声電話する場合は「050+」というアプリを使うか「音声通話+LTEデータ通信SIM」にする必要があります。


>>OCN モバイル ONE 音声通話+LTEデータ通信SIM はこちら


LINEを使いたい場合は、「SMS」対応SIMにして下さい。
(データ通信のみだと認証できません)


LINEができれば無料で電話できますので、音声通話はお好みで♪



とりあえず、こちらの「SMS対応」マイクロSIMを購入しました!!


SIMサイズはココでお調べ下さい。



公式ページからAmazonにジャンプするので、購入して下さい。



【参考記事】>>AmazonでOCNモバイルを購入する手順





Amazonなのであっと言う間に届きますた♪
(へたすると次の日です)


いざ開封!








●SIMカードを挿入する




ペラッとめくると、カードがひっついてます。





なんでdocomo


(docomoのLTE回線をOCNが借りているからです)



カードから切り離すと、これがSIMカードになります。






スマホのカバーを外すとL-05Dの場合、SIMを入れるスロットがありますので






こんな感じで、スマホにセットします。


SIMを入れるスロットは、端末により違いますので、マニュアルで確認して下さい。



スイッチオン!!





おっと、電源が入りましたけど、まだこれではデータ通信はできませんよ。
(Wi-Fiはできますが)



大事なOCNの申し込みがまだです。





●OCNに登録する



>>OCNモバイル 利用申し込み

こちらから利用申し込みサイトにJUMPします。






SIMカード裏面に書かれている番号を入力します。






コースを選択します(昨年は50MB/日でした)



現在では、900円/月で110MB/日になっています(2015年5月現在)



登録者情報を入力します。






料金支払いクレジットカード情報を入力します。





その他、もろもろの細かい申し込みを選択します。
・050Plus
・安心パック
・その他オプション等


有料オプションは基本「申し込まない」を選択してもいいでしょう!(お好みで)



申し込み完了!!




認証IDとパスワードが発行されますので、失くさない様にしてくださいね♪



スポンサーリンク





●ネットワーク設定する



OCNの登録が済んだら、次はスマホのネットワーク設定をします。L-05Dの場合を紹介します。


端末ごとに設定方法が載っているのでチェックしてみて下さい。

>>動作確認済み OCN モバイルONE インターネット接続設定(端末別)


Wi-Fiがつながる環境なら、アプリから設定できます。
>>アプリからの設定方法(Android版))




まずはスマホの「設定」から





「無線とネットワーク」へ進みます。L-05Dの場合は「その他」に進みます。





「モバイルネットワーク」wに進みます。


「アクセスポイント名」をタップします。


「メニューボタン」を押すと「APNの追加」が表示されるのでタップする。





アクセスポイントを編集作成します。



以下の項目を入力して、メニューキーを押して「保存」します。





設定したアクセスポイントを選択します!!





ネットにつながれば完了です♪







●祝!開通!!




おめでとうございます!


手順は少し多いけど、難しくないと思います♪


頑張った分だけ、月々のスマホ料金が浮いてきますので~(未来永劫)


浮いた分は貯金するも良し、お小遣いにしておいしいものを食べに行くも良し!!


格安スマホライフが待っていますよ!!



スポンサーリンク



白ロム(docomoスマホ)購入編  

●実際に白ロムのスマートフォンを購入してみる



それでは実際に白ロムのスマートフォンを購入します。


いろいろと物色した結果・・・






購入したのはdocomoのOptimus L-05Dという機種。




中古品ですがdocomoなので格安SIMが使えること、スペックがAndroid4.0でデュアルコア1.5GHz。


難点は画面が4インチなので見難いぐらいでしょうか?


>>Optimus it L-05D (docomo)スペック表(kakaku.com)


セカンドマシンとしては、コストパフォーマンスを含めて必要十分なスペックです♪



>>白ロム購入時の注意点も読んでおいて下さい。












●Amazon.co.jpで購入



実際にはAmazon.co.jpで購入しました。



クリックで拡大

Amazonはアカウントがあれば、ワンクリックで買えるので便利♪

すでに私は超ヘビーユーザーです。



で、届きました♪





付属品もちゃんとそろってました。





なかなかの上玉だな!



中古とは思えないくらい綺麗でした(ラッキー)♪



電源も入った!




IMEIチェックももちろん合格♪



次は、この白ロムにMVNO格安SIMをぶちこんで激安スマホを作ってみたいと思います!!



使った格安SIMはこちらです♪
↓↓↓

 OCN モバイル ONE  通信SIM

 月額 972円(税込)



2015年現在では、データ通信のみ月額900円コースだと50MB ⇒ 110MBに容量アップしています(3GB/月)!!



次は>>格安SIM(OCN)導入編へGo!!








ヤフオクで白ロムを購入する方法もありますが赤ロムには十分注意して下さい!!











白ロムの疑問!?Q&A

白ロム導入 実践編

白ロム一覧

格安SIM導入編

マメ知識Q&A

白ロム検索メニュー

スマートフォン ランキング

カテゴリ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。